ストレスを解消する

ニキビの原因の一つはストレス

ニキビの原因の一つにストレスがあります。どちらかというと心の問題であるストレスと、皮膚の表面にできるニキビが関係しているのでしょうか。それにはまずニキビの原因を探る必要があります。雑菌が繁殖しないよう洗顔もマメに行って清潔にしているし、潤いもしっかり補充している、なのにニキビができるという場合は、ホルモンバランスの崩れ、あるいは自律神経の乱れが考えられます。ホルモン分泌が過剰な思春期や、ホルモン分泌が極端に減ってしまう更年期を除くと、それ以外のホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れの原因はストレスが大きく関わっている可能性があります。精神的な負担と睡眠不足や疲れなどの体の負担、両方がニキビの原因になり得るのです。

ストレスを解消して体を助けてあげましょう

ストレスはニキビだけではなく、体の内や外あらゆる部分に影響を及ぼします。疲労や睡眠不足などの体にかかる負担は、命に係わる病気の引き金になることもあるのです。そのため脳や体は臓器などの重要な部分を守ることを優先します。栄養やエネルギーはすべてそちらに優先的に送られることになります。ですから命に関わる可能性の低い皮膚の表面は一番後まわしになるということです。ニキビは体のサインとも言えるのです。負担になっているストレスを解消してあげることは、ニキビ対策の重要な要素。睡眠をしっかりとり、ビタミンを中心にした食事をこころがけ、自分が気分転換になること、楽しい気持ちになることでストレスを解消し、体を助けてあげることがニキビ対策につながる事になります。